新しいギターを買ったら、忘れてはいけない重要なこと!

ギター練習初心者>新しいギターを買ったら、忘れてはいけない重要なこと!

 

 

新しいギターを購入した時や弦のゲージを変えた時などは、
必ずオクターブ調整を行うことがとても重要になります。

たとえば、開放弦の音はあっていても、
オクターブ上の実音やハイポジションなどの音があっていないなど、
要するに、開放弦の音と弦を押えた音が違うということもあります。

スポンサーリンク

このような状態では、
正しいピッチで演奏することができませんので大変です。

このようなことは、12フレットの実音と
12フレットのハーモニクスの音が違うために起こります。
ですからこの2つの音をあわせることをオクターブ調整といいます。

オクターブ調整のしかたは、
まずハーモニクスでチューニングをあわせておきます。

12フレットのハーモニクスの音が12フレットの実音より低ければ
サドルのコマをブリッジ側に移動します。

高ければネック側に移動します。
こうして1本、1本、弦をオクターブ調整していきます。

スポンサーリンク

本来なら12フレットは弦を2等分する真ん中
に位置していなければなりません
が、
それがずれていればサドルのコマを動かして
調整してあげるということです。

ギター練習
スポンサーリンク
今すぐシェアする
やまなか さわこを今すぐフォローする
ギター練習法、初心者仰天!目からウロコの極秘○○、元スタジオミュージシャンがついに明かす。