KISSのロックンロールオールナイトで使われているコードとは?

ギター練習初心者>KISSのロックンロールオールナイトで使われているコードとは?

 

 

先程説明しましたGm7(♭5)の構成音は、
1度、♭3度、♭5度、♭7度です。

Gm7(♭5)の♭7度の音さらに半音下げると、
つまり構成音を1度、♭3度、♭5度、6度にすると、
Gdim=Gディミニッシュコードになります。

このコードは4つの音が1度半の音程差できれいに並んでいて、
3つのパターンしかありません。非常に特殊なコードになります。

スポンサーリンク

次にG7の5度を半音上げます。
つまり構成音は、1度、3度、♯5度、♭7度ということになりますが、
このコードはGaug7=Gオーギュメント・セブンス
というコードになります。

それから、G7の3度を半音上げれば、
つまり構成音でいうと、1度、4度、5度、♭7度になりますが、
このコードをG7sus4=Gセブンス・サス・フォーといいます。
susとは「吊り上げる」という意味のサスペンデッドの略称です。

スポンサーリンク

これら4和音を3和音に直してみると、
Gマイナー・フラット・フィフス、つぎも同じGm(♭5)ですね、
Gオーギュメント、Gサス・フォーになります。

このsus4のコードは、
KISSのロックンロールオールナイトにも使われていますね。

スポンサーリンク

また、コードネームは表記のしかたも様々ですから、
覚えるのがめんどうな方は、
ジェフベックのようにコードネームなど覚えずに
構成音からコードを作っていきましょう

ギター練習
スポンサーリンク
今すぐシェアする
やまなか さわこを今すぐフォローする
ギター練習法、初心者仰天!目からウロコの極秘○○、元スタジオミュージシャンがついに明かす。