あなたのコピーのしかたは間違っている! もっと簡単に曲をコピーするコツ!

ギター練習初心者>あなたのコピーのしかたは間違っている!
もっと簡単に曲をコピーするコツ!

 

 

曲を練習する上で、
ポジショニングにこだわる必要はまったくありません。
憧れのアーティストのポジショニングを
忠実にまねて弾く必要はまったくないのです。

指板上に同じ音でのポジションをいくつもつくれます。
人は手の形もさまざまですから、
自分が一番弾きやすいポジションで弾けばいいのです。

ですから、ギタースコアやTAB譜は、特に必要のないものです。

スポンサーリンク

コピーするときには、
音をよく聴いてそれを自分の一番弾きやすい
ポジションに当てはめていけばいいのです。

また、ロックギターには必須のスケールといえば、
ペンタトニックスケールです。
ペンタトニックスケールとは、ドレミファソラシドから、
「ファ」と「シ」だけ抜いたもの、
つまり”ファシ抜き”の音階のことです。
ですから、ド・レ・ミ・ソ・ラ・ドが
ペンタトニックスケールの音階になります。

Cメジャースケール(Aマイナースケール)
のスケールポジションからファとシの音を押さえないように弾きます。

まずは、スケールポジションの図を見て、形で記憶しておきましょう。
5つの音のみの音階になるので、簡単ですね。

スポンサーリンク

ペンタトニックスケールを覚えると、
ロックっぽいフレーズがどんどんできますので、
初心者の方は、アドリブ演奏にすごく興味がわくようになります。
また曲のコピーもしやすくなります

昔、プリンセスプリンセスというバンドの
中山加奈子というギタリストも、
そのようなことをギーター雑誌で言っていました。
この点では参考になると思います。

ペンタトニックスケールは、
ロックのみならず、いろんな曲にもたくさんつかわれています。

ギター練習
スポンサーリンク
今すぐシェアする
やまなか さわこを今すぐフォローする
ギター練習法、初心者仰天!目からウロコの極秘○○、元スタジオミュージシャンがついに明かす。