・・・続きです。作曲のコツ!初心者でも曲が作れます!

ギター練習初心者>・・・続きです。作曲のコツ!初心者でも曲が作れます!

 

 

さて、前項の続きです。

たとえば、
1つめの、C→F→C、トニック→サブドミナント→トニック、
のコード進行は安定→やや不安定→安定。

2つめ、C→G→C、トニック→ドミナント→トニック、
は安定→不安定→安定。

3つめ、C→F→G→C 
トニック→サブドミナント→ドミナント→トニック、
は安定→やや不安定→不安定→安定。

これらをケーデンスの基本形といいます。

スポンサーリンク

どんな曲も基本的には、以上の3つの組み合わせでできているのです。

また、Gのコードに7度の音を1つたしてできたのが、
GM7(Gメイジャーセブンス)でGM7の7度の音を半音下げると
G7(Gセブンス)になります。
このG7が最も不安定なコードになります。

ですからC→G→Cのコード進行をもっと不安定にしたいのであれば、
C→G7→Cとすればいいのです。

スポンサーリンク

ちなみに機能の面からみて、
C(安定)の代理コードは、EmとAmで、Cの代わりにつかえます。
同じように、Fの代理コードは、BmとDmです。

C→F→G7→Em Em→Am→Dm→G Am→F→G→Cなど、
いろんなコード進行をつくってみましょう。

ギター練習
スポンサーリンク
今すぐシェアする
やまなか さわこを今すぐフォローする
ギター練習法、初心者仰天!目からウロコの極秘○○、元スタジオミュージシャンがついに明かす。