イングヴェイに憧れるギター初心者がマネてはいけないこと!

ギター練習初心者>イングヴェイに憧れるギター初心者がマネてはいけないこと!

 

 

■ナット 

ヘッドとネックとの境目の白いプラスティックのパーツです。
このナットの溝部分にほんの少しだけ、
リップクリーム(唇に塗るあれです)を塗ってあげると
チューニングがより狂いにくくなるので試してみましょう。

チューニングが狂わないよう、
ナット部で弦を固定するナットロックなるものもあります。

スポンサーリンク

演奏中にヘッド部にある弦を、ナットから指ではずして
ベンディングするというのも見た目にかっこいい演奏テクですね。

■指板 

ネックの表面をいいます。リッチーブラックモアやイングヴェイなどが、
指板のフレットバーとフレットバーの間をえぐっていますが、
これをスキャロップといいます。

スキャロップにすると確かに速弾きはしやすいですが、
音程をとるのが難しくなるので上級者でないとうまく弾けません

つまり、ハンディのあるギターを弾いているということなので、
腕のたつギタリストでないと弾けないのです。

スポンサーリンク

初心者の方は、憧れのギタリストがたとえスキャロップにしていても、
すぐにマネしてスキャロップ仕様のギターを買う
ということのないようにしましょう。

ギター練習
スポンサーリンク
今すぐシェアする
やまなか さわこを今すぐフォローする
ギター練習法、初心者仰天!目からウロコの極秘○○、元スタジオミュージシャンがついに明かす。